Q&A

よくある質問

よくある質問

  • 売却するときにかかる費用にはどんなものがありますか?税金もかかりますか?

    不動産を売却すると様々な経費、税金がかかります。一般の方には専門的でわかりにくいため、あらかじめどのくらいの費用が掛かるのか知っておくことが重要です。まず税金に関しての費用は、不動産売却の際に売主と買主の間で交わす不動産売買契約書にその売買価格に応じた印紙税を納める必要があります。2022年3月31日までの間に作成された契約書の印紙は軽減税率の適応を受けられます。契約金額が500万円~1.000万円以下で5千円、1.000万円~5.000万円以下で1万円の印紙代がかかります。また、売却時に譲渡益が出た場合には所得税、住民税が課税対象になります。税率は売却した都市の1月1日時点での所有期間によって税率が変わります。短期所有(5年未満)で30%、長期所有(5年以上)で15%と所有期間によって変わります。また、居住用の場合や相続の場合3.000万円の特別控除を受けられる場合があります。売却価格が購入価格より安い等、譲渡益が発生していなければ税金はかかりません。